Stravaにデータも送れるサイクルコンピューター「ネオスシンク」

私が使ってるサイコンはキャッツアイの5000円くらいで購入したやつでして、基本的な機能はついているんですが物足りなさがすごいある初心者が”とりあえず”購入する典型みたいなサイコンなんです。ケイデンスや心拍数なんかはやっぱり計測できたほうがいいでしょうし、パワーメーターなんかも興味があるんですが、個人的に一番欲しい機能は現在使用しているStrava(ストラバ)というアプリとの連携ができるかどうかです。

ストラバはサイコン系のスマホアプリで走りのデータを細かく蓄積していけますし、パソコンでもそのデータが確認することができるので非常に重宝しています。このストラバにデータを送ることができるサイコンがあるらしいので調べてみたんですが、ガーミンとかまあまあエグい金額のサイコンだったので断念していました。

ジャイアントのサイクルコンピューター「ネオスシンク」

そんな中、2015年から噂になっていたジャイアントのサイクルコンピューター「NEOS SYNC(ネオスシンク)」が発売されるとのことでちょっと調べてみました。

走行距離や速度、ケイデンスなどの表示はもちろん、気温と高度を計測・表示でき、パワーメーターにも対応しているけっこう本格的なサイクルコンピューターです。私が気になっているストラバにもブルートゥースを使ってワイヤレスで走行データを送ることができます。

価格も13,000円だそうで、ガーミンなどの高級サイコンと比べると全然庶民の購入候補に入れることができます。

読んでいただいてありがとうございます!
ポチッとしていただければ励みになります。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)