盗難からロードバイクを守れ!おすすめのロック(鍵)

人生で何度か自転車の盗難にあいました。とめていた自転車がなくなっていた時のあの絶望感・・・悲しさと憎しみが交じり合ったあの感覚・・・思い出しただけでも腹立たしいですよね!ママチャリとかでもあれだけの精神的ダメージ(経済的にも)を負うのに、ロードバイクが盗難にあったらたぶん泣きます。男泣きしますね、きっと。

そんな大切なロードバイクなので極力外には停めたくないんですが、それでも数時間停めなくていけないときもあります。そんなとき自分のロードバイクを盗難から守ってくれるのは鍵です。

ロードバイクの鍵の選び方

ママチャリみたいなシティサイクルと違ってロードバイクには最初から鍵が付いていません。なので自分で購入する必要があるんですが、実際に購入しにお店に行くとびっくりするんですが鍵の種類ってけっこうたくさんあります。

鍵は地球ロックできることが大前提!

鍵を選ぶときにまず大前提となることがあります。

それは、『地球ロック』できること!

地球ロックっていうのは、絶対に動かせない柵とか電柱みたいなものにロードバイクのフレームをくくりつけるっていう方法のことです。

ロードバイクはエントリーモデルのものでも重量が10kg以下のものがほとんどなので、フレームとタイヤだけ鍵をかけていても簡単に持っていかれてしまいます。いやいや、なにもそこまでせんでも・・・と思ったりしてませんか?甘い!甘いです!私は過去に400ccのオートバイがヤンキー4人にみこし担ぎされて持っていかれるのを見たことがあります。ロードバイクなんてオートバイに比べたら紙みたいなもんです。中学生だって片手で持っていけちゃいます!大切なロードバイクを盗難から守るために必ず地球ロックを心がけましょう!

頑丈さをとるかか、軽さをとるか

さて、話は戻って鍵の種類ですが、いろいろある鍵の種類を大きく分類すると、頑丈で大きくて重いタイプか、軽くて細いタイプかに分かれます。

頑丈なタイプの鍵は、オートバイなどに使われているものが多く、ワイヤーを何重にも織り込んだようなものや、特殊な技術で金ノコの刃などが通らないようにしているタイプです。街乗りメインの人はこのタイプの鍵をたすき掛けして走っていたりしますね。

gozila001

極太チェーンロックはGODZILLAっていうのがけっこう有名ですね。たぶんオートバイ用だと思いますがロードバイクにも使えます。いちいち鍵を持ち歩く必要がないダイヤルロックのタイプがおすすめです。長さ的にはも地球ロックするには十分ですが、電柱くらいの太さのものだと少し長さが足りないので注意が必要です。

頑丈なタイプは頑丈で重く安心感があるんですが、その分自転車に乗っているときはたすき掛けすることになるのでめちゃめちゃ邪魔です。街乗りだと問題ありませんが、がっつりロングライドとかしようものなら肩にかかる負担は半端ないのですね。基本的に街乗りにしか向きません。

abus001

軽くて細いタイプはロードバイクに乗っているときにどこにしまっておくかで選ぶのがいいです。私はサドルバッグに入るギリギリの大きさのものを使っています。

おすすめは『ABUS(アブス) 1500』ってやつですね。細いタイプの鍵はワイヤータイプが多いんですが、この鍵はチェーンタイプなのが特徴です。ワイヤーはその性質上小さく畳めないんですが、このアブスのチェーンロックは布地の中が軽い鎖になっているのでけっこう小さくまとめられるので中サイズのサドルバッグにでもすんなり入れることができるのがうれしいですね。

41JTXaMwBfL

あと全然安心できないくらい細いんですが、この小さいタイプのダイヤルロック式チェーンロックもおすすめです。私はシートポストのところにかけていて、ちょっとだけコンビニに入りたいときなど、サドルバッグ開けるほどではないかなって時にはこのチェーンロックを使っています。

それでも絶対に盗難されない保証はない

どんなに頑丈な鍵で地球ロックしていようが、絶対に盗られないという保証はありません。ロードバイクに乗るときは長時間自転車から離れないということが大切なのかもしれないですね。

読んでいただいてありがとうございます!
ポチッとしていただければ励みになります。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)