雨で自転車に乗れないときのサイクリスト向け筋力トレーニング

6月に入ってから、ずっと雨ですね。土日に雨が降ると、1週間まったく自転車に乗れなくなってしまうんですが、それがここ数週間続いている状態なんで、ちょっとイライラしてきますよね。

まあ、でもいくらイライラしてもしょうがないので、ここはおとなしく自転車に乗れない時間を利用して筋力トレーニングでもしておくことにしました。

自転車乗りにおすすめの筋力トレーニングとは

そもそも、自転車に乗っているときには全身の70%くらいの筋肉を使っているんだそうです。要は全身運動なわけです。でもさすがに全部の筋肉をまんべんなく鍛えることは大変なので、ここはもっとも簡単でかつほとんどのスポーツにおいて効果のあるトレーニングをご紹介したいと思います。

プランクで体幹を鍛える

「体幹」は頭・腕・脚以外の胴体すべての筋肉で、体を支える非常に重要な筋肉のことです。何年か前にサッカー日本代表の長友選手が本とか出したりしてからすごい注目されだした印象ですね。まあ、たぶんそれがきっかけというわけではないんでしょうが、最近では体幹を中心に鍛えるジムやピラティスなんかも増えてきているようです。

体幹は体の中心にあるインナーマッスルのことなので、ここを鍛えることで体のバランスをしっかりと保つことができ、自転車に乗っているときにも体がブレたりすることがなくなります。

そんな体幹ですが、なんと自宅で器具などを使うことなく簡単に鍛えることができます。

この動画は「プランク」という方法ですね。腕立て伏せのような姿勢で肘を地面につけて、足を肩幅くらいまで開いた状態で1分間ポーズを維持するだけです。

すごい簡単そうでしょ?でも、実際にやってみると1分間がものすごく長く感じるくらいしんどいんです。3分できる人はすごいらしいんですが、2分超えれるだけでも十分にすごいと思います。

プランクはやってみればわかるんですが、お腹だけではなくて背中の筋肉である脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)を鍛える効果もあります。

最初は1分間やるだけでもつらいと思いますが、毎日1分間やるだけでも効果があるのでぜひ続けてみてください。

あと私のようにちょっとぽっちゃりの人は、膝が自分の体重ですごい痛いのでタオルかなにかを下に敷いておくといいかもしれません。

読んでいただいてありがとうございます!
ポチッとしていただければ励みになります。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)