秋冬はとりあえずウインドブレーカー持ってたら安心

10月になって少しずつ気温が下がってきましたね。秋になると自転車で走るのも快適になってくるんですが、気温の変化も激しい季節なんで服装に注意が必要になってきます。特に山に行くとかなり気温が低かったりするので半袖どころか長袖でもちょっと寒く感じるかもしれません。

私は平地では普通に半袖ジャージにアームカバーで体温の調整はしてるんですが、山を登るときには一応サイクルジャージのポケットにウインドブレーカーを突っ込んでいます。

山はヒルクライムしてる時は汗だくで秋でもなんなら冬でも超暑いんですが、ダウンヒルの時はビックリするくらい寒くなります。気温は山の標高が100m上昇すると平地に比べて0.6℃下がりますが、それに併せて風もあるので10℃くらい気温差が出ちゃうことも考えられます。

そうなると秋とはいえど体感的にはほとんど冬です。冬だったら真冬です。ウインドブレーカーを着たからといって暖かくなるわけではないですが、風と防ぐだけでも体感はかなり変わってくるのでとりあえず持っているとすごく助かります。

ウインドブレーカーはペラペラのナイロン素材のくせにけっこう値段がするものが多いので、初心者は購入するのをけっこう躊躇しがちです。私もいるかいらないか自問自答を繰り返してやっとこさ購入しました。

おすすめのウインドブレーカーっていうほどウインドブレーカー知らなかったりするんですが、サイクルショップとかで取り扱っているものであればとりあえず大丈夫だと思います。

通常のウインドブレーカーがどんな風になっているのかをちゃんと見たことがないのでわからないのですが、自転車用のウインドブレーカーはバックポケットがあり便利ですし、体内の熱を体外に放出するために背中や脇の部分がメッシュになっています。ペラペラのくせにさらにメッシュってなんか心配だな~と思うかもしれませんが、熱を放出しないと汗が渇いてめっちゃ寒くなるので絶対このタイプを選んだほうがいいです。

2016-10-08-12-19-32 2016-10-08-12-19-45

私の使っているウインドブレーカーはmont-bell(モンベル)というアウトドアブランドのものですが、自転車用に開発されているらしく高速走行中でも生地がバタバタとばたつくことがなく、脇と背面がメッシュ地になっているのでしっかり熱を逃がしてくれるので、着ていてもすごく快適です。

あと、表面が撥水性の高いポルカテックス加工を施しているので、多少の雨なら難なくはじくのも地味に便利です。

自転車用のウインドブレーカーもその他のサイクルウェアと同様にいい感じのデザインのものは値段もいい感じに高いものが多いです。モンベルのウインドブレーカーは着た感じ若干もっさり感がある気がするんですが、値段もお手頃ですしコスパはいいと思うのでおすすめです。

windobreaker003

ちなみに折りたたんで入れれるこういう袋が付いてるんですが、いちいちこの袋に入れるのが面倒くさいので私は使っていません。着ない時はくるくると小さく適当に折りたたんでそのままサイクルジャージのポケットに突っこんでいます。ちょっと背中がもっこりしますがそこまで気にならないですね。

平地ではまだ出番は少ないかもしれないウインドブレーカーですが、山では持っていたほうが無難ですね。

読んでいただいてありがとうございます!
ポチッとしていただければ励みになります。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)