着脱の力が半分でいける初心者おすすめビンディングペダル「MKS US-S」

私はロードバイクは、ポタリングとかロングライドとかを楽しんむのがメインなのでビンディングペダルは外れやすく歩きやすいSPDを使用しています。

こけるのは嫌なのでシューズもなるべくペダルから外しやすいものを使っているんですが、それでも長時間乗っているととっさの時にペダルからクリートが外れなくてこけそうになったり、実際にこけたりすることが何度かありました。こけるとあれです。めちゃ痛いです。

そんなわけで今よりももっと簡単にはずれそうなビンディングペダルはないものかと調べてみたところ、タイムリーにも最近発売されたPSDのビンディングペダルでかなり良さそうなのがありました!

安定のメイドインジャパン「MKS US-S」

mks001

従来の固定力を保持したまま、ステップアウトに要する力を約半分にした新機構 「分割型ビンディングシステム(特許申請)」 を採用!って製品説明が書いてましたが、簡単にまとめちゃうと疲れてるときでも楽に外すことができるビンディングペダルってことです!

そうなんですよね~。今のビンディングペダルでも別に外しにくくもないんですが、疲労度が高いときは話が別になるんですよね~。全然外れないんですよね、疲労しているときって!特に足が攣りそうになっているときとか外す力で攣っちゃいそうになるのでかなり危ないときがあります。おそらくそういった経験をした人は私だけではないはず。

あと、こういったロードバイクのパーツで気になるのは重量ですよね。見た目はごつい感じがしますが、重量はカバー(黒い外側の部分)を含めて498gだそうです。私が今使っている片面フラットのPD-A530の重量が383gなので100g以上重いということになります。

まあただ、SPDを選択している時点である程度重量があることは承知しているとは思いますし、それで立ちごけのリスクが激減するんであれば安いものかもしれません。

できれば秋の間にこのペダルに変えたいところですが、お値段もそこそこするようなのでちょっとお財布の相談ですかね。ま、たぶん次にこけたらその日に勢いで買ってしまいそうな気はしていますが(笑)

読んでいただいてありがとうございます!
ポチッとしていただければ励みになります。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)