冬のサイクリングで使えるおすすめインナー(ベースレイヤー)

11月に入ってくると朝とか超絶クソ寒いんで、サイクルウェアも冬用にしたりとか対策が必要になってきます。

で、サイクルジャージとかレーパンとかを冬用にするのはもちろん必要なんですが、インナーもそれに合わせて変える必要がでてきます。よく暖かそうなイメージだけでヒートテックとか着ている人もいるんですが、あれは着心地も良くて暖かいんですが、汗が乾きにくくて逆にびちゃびちゃになったインナーで体を冷やしてしまう可能性もあるので、ロードバイクなど大量の汗をかくスポーツには不向きです。

サイクリストが選ぶべきベースレイヤー(インナー)とは

サイクリストに最適なインナーの特徴は、保温性が高く、吸汗・速乾性に優れており、体にフィットしたデザインのものになります。

gioline001

パールイズミなどのサイクルブランドのベースレイヤーであれば、おそらく上記の条件はだいたいクリアしていると思うのですが、今回ご紹介するのはサイクルブランドではなく登山用品やアウトドア用品で有名なモンベル(mont-bell)のジオラインです。

雪山の登山では汗でインナーが濡れていると体温をどんどん奪っていくため、冗談抜きで死ぬ可能性すらあります。このモンベルのジオラインは吸汗・速乾性がめちゃめちゃ優れていて、サイクルブランドから出ているベースレイヤーと比較してもかなり汗の渇きが早いです。私も何枚かベースレイヤーは試してみたんですが、ジオラインはたしかに汗の渇きが早いと感じました。

そもそもジオラインとは

ジオラインはモンベルの独自開発した高性能素材らしく、遠赤効果により体を芯から温めながら、極細繊維で作る独自の構造により繊維間に空気を豊富に蓄えることで暖かさを持続させることができるそうです。また、制菌・防臭効果や伸縮性にも優れています。

maker21_pict01

繊維に特殊な加工をしており、体から出た汗を素早く吸い上げ、生地全体に拡散・乾燥させます。上記のデータを見る限りではかなり速乾性がすごいことがわかりますね。

用途に合わせて選べる種類

ジオラインには薄手、中厚手、厚手と生地の厚みの異なる3種類があります。それぞれの違いについてはこんな感じです。

ライトウェイト L.W 薄手:サイクリング ウォータースポーツ向け
ミドルウエイト M.W 中厚手:スキーや登山向け
エクスペディション EXP 厚手:冬山登山など

サイクリストはよっぽどの環境のところを走らない限りは薄手のものを選択していれば問題ないと思います。

ベースレイヤーは、ある意味もっとも重要冬装備

冬はどこもかしこも寒いんで外側からの冷えに対して「暖かい服装」になることを中心に考えてしまいがちですが、体の内側から出た汗によって体を冷やさないようにすることもかなり重要になってきます。

今まで冬のサイクリングでインナーがびちゃびちゃになったっていう方は一度モンベルのジオラインを試してみてください。マジおすすめなんで!

読んでいただいてありがとうございます!
ポチッとしていただければ励みになります。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)