ブラケットカバーをSHAKES(シェイクス)に変えようと思ったが無理だった話

バーテープをそろそろ交換しようかなと思い、そのときについでにブラケットカバーもなんかいいのがあったら変えようかなと思っていたら、SHAKES(シェイクス)というクソおしゃれな感じのブラケットカバーがありまして、これや!これやで!!と買う気満々でお店に見に行ってホントもうレジまで持っていく直前に、自分のロードバイクのSTIレバーに取り付けれないということがわかり、なんかすげーやる気なくしてバーテープも買うの忘れて帰ってきてしまいました。。

とりあえず自分のロードバイクに取り付けれないとわかったわけですが、なんかその後も諦めきれずに意味ないのにSHAKES(シェイクス)のことを調べてしまっているので、今回はそんな無駄な時間をこのブログにアウトプットしたいと思います・・・

そもそもSHAKES(シェイクス)とは

シェイクスはもともとゴルフクラブ用のカスタムグリップなど展開していたアウタートップという日本の会社が、日本の金型加工技術、射出成型技術を使い、限界まで高められた剛性と極限まで削ぎ落とされた軽量化を目指して完成させたブラケットカバーなんです。

shakes002

ハード(硬度60度)とソフト(硬度50度)の2種類のゴムの固さが選べて、手の平になじむようについているブツブツがさらにグリップ力を高めてくれます。さすがにゴルフのグリップを作っている会社なだけあって、指先一本一本のことまで考えられた作りになっているみたいです。

shakes003(Photo by SHAKES)

ていうかー!ぶっちゃけて言うとですね、そこじゃないんですよね!このブラケットカバーにしたかったのは!

シェイクスにしたかった最大の理由はこのカラー展開があったからです!市販している他のブラケットカバーってカラーのやつがあんまりないんですよね。あっても全部が赤とか青とかになっていて、あ~、そうじゃないんだよな~。色は入れたいけどカバー丸ごと色付いてるのは違うんだよなぁ~って気分になるんですよね。

その点このシェイクスときたら基本は黒なんですが、しっかりとしかし目立ちすぎない感じで色も入っているわけですよ!ここがイイッ!!

しかもカラーも細かく揃ってるのもいいです!カラー展開は、ブルー、レッド、イエロー、ホワイト、ショッキンググリーン、ショッキングピンク、セレストブルー、ブラック、ショッキングオレンジとなっています。これだけあればどれかは絶対合いますもんね。

なぜSHAKES(シェイクス)は取り付けれなかったのか

で、なんでこのシェイクスが私のロードバイクに取り付けれなかったのかというところなんですが、なんと私のアレグロのSTIレバーてばシマノの型落ちのやつだったんですよね。。シェイクスが対応しているのはST-6800(アルテグラ)、ST-5800(105)、ST-4700(ティアグラ)となっているんですが、私のはST-5700(105)だったんですよね・・・

そういえば去年購入したときに、安くするためにコンポはちょっと型落ち使ってるって言うてた気がします・・・あの時は、え?105は105やろ?そんな変わらんやんって思ってたんですが、まさか1年越しでその影響を受けようとは思ってもいませんでした。

私のような初心者サイクリストの中には対応型番とかよくわかってないと方もいると思うんで、ぜひパーツ類を購入するときにはそのあたりのこともしっかりと確認するようにしてください。

読んでいただいてありがとうございます!
ポチッとしていただければ励みになります。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)