王道ストーリー展開も疾走感がたまらない『疾風スプリンター』

自転車ロードレースを題材にした映画ってあんまり数ないと思ってたんですが、まさかの香港(中国)から本格的な自転車ロードレースの映画が出たって言うんで観てみました!

ストーリーとしては、同時期に同じプロチームに入った、チウ・ミンとティエンの2人の主人公が、友情を深めながらチームで成果を上げていくんですが、同じ女性を好きになってしまい良き仲間だけど恋のライバルでもあるっていう、もうこれでもかって言うくらい王道な青春ムービーでした。さらにチームのエースや親友と呼べるような仲間となったティエンが、資金難になってしまったチームから移籍すると、それぞれの栄光やら苦悩やら挫折やらの話も混じりまくってくるわけなんですよね~。

青春ムービーとしての要素がてんこ盛りなので、もうこれに自転車ロードレースの要素突っ込んできたら、ごちゃごちゃしてわけわからんようになってしまうんじゃないのか!?心配になってしまってたんですが、全体的にすごくテンポよく話が進んでいきまして、その中でしっかりと自転車ロードレースとしての駆け引きとかも含んでいて最後まで飽きることなく楽しめる映画でした。

ただ、登場人物はもうちょっと少なくてもよかったんじゃないでしょうかね。特にヒロインっぽい雰囲気を醸し出してくるやつが数人いるんですが、主人公の2人と三角関係になるシーヤオ以外はまったくヒロインじゃないんですよね。監督の妹とか、え!おまえヒロインじゃないの??ってなりますし、なんか思わせぶりな目線を送ってくる女性カメラマンとか、話にすら絡んでこねーってどういうこと?紛らわしいから最初から出さないでほしかった!

いろんな要素盛りだくさんな映画ですが、自転車レースの知識がなくても十分に楽しめる内容になっていますし、ある人はある人でやっぱり楽しめる内容になっていると映画かと思いますのでおすすめです。

読んでいただいてありがとうございます!
ポチッとしていただければ励みになります。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)