ビンディングペダルをフラットペダル化させる「ペダルプレート」が便利そう

ロードバイクに乗り始めて数年経ちますが、もう長いこと「PD-A530」という片面フラットのSPDビンディングペダルを愛用しています。片面フラットだと信号の多い街中とか、歩行者がけっこういる道なんかですぐに地面に足をつけれるのでとても便利なんですよね。

ただ、そろそろロード用のSPD-SLビンディングペダルも試してみたいな~と思うようになってきました。理由は使ってみないと良さも悪さもわからないからです。基本的にすれ違うサイクリストたちはみんなSPD-SLビンディングシューズ履いてる感じじゃあないですか。やっぱりメリットがあるんだと思うんですよ。すぐに地面に足をつけれる安心感以上のね。

でもね、私のようなホビーサイクリストからすると、できることならなんとか普通のスニーカーでも乗れるようにはしておきたいっていうのが本音です。けっこうスニーカーで乗ることもありますしね。

そんな私のようなサイクリストのために生まれたであろうアイテムがなんと存在していたんです!

それがこれ!『ペダルプレート』というアイテムです!

けっこういろんなメーカーから出てるみたいで、それぞれにどのメーカーのペダルに使えるかが変わってくるようです。まあ、ペダルもそれぞれ形状が異なるので当たり前といえば当たり前かもしれませんね。

とにかく、このプレートを付けることで、底が平らな普通のスニーカーでも快適に乗ることができるようになります。着脱も簡単にできますし、ふだん使わないのであればサイズ的にサドルバッグに入れておくことも可能です。

ロードバイクは完成車で購入した際でもペダルは別売りなのですが、初心者にも関わらずいきなりビンディングペダルにしてしまったという人もいるかもしれませんが、ペダルプレートを持っていれば慣れるまで取り付けておけば安心してライドに出かけられますね。

私もSPD-SLを購入する際には念のためいっしょに購入しておくことにします。

読んでいただいてありがとうございます!
ポチッとしていただければ励みになります。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)