ロードバイクを壁掛け室内保管で部屋をスッキリさせる

ウェア・用品

ロードバイクは室内保管が基本です。ですが、ロードバイクを1台そのまま室内に置くとかなり邪魔になります。私の場合、家の中にほぼ物置と化している部屋が1つあったのでそこに保管していたのですが、家族からクローゼットを開けるときに邪魔だの、探し物をするときに邪魔だの、とにかくあるだけで邪魔だの言われて、かなり肩身の狭い思いをしています。

そこで今回考えたのが自転車を壁にかけて保管する方法です。他にも自転車を室内保管させるためのスタンド類は多くあるんですが、床に置いている時点であまり現状と変わらない気がしたので思い切って壁にかけることにしました。

壁掛けハンガーを自作する方法

ロードバイクを壁にかけるハンガーは突っ張り棒付きのものが市販で売っているんですが、マジでありえないくらい高いので今回は自作することにしました。

必要なものは以下の通りです。

バイクハンガー

こればっかりは自作するというわけにもいかないので購入しました。けっこう値段がピンキリなのですが、ここになにかあったら大切な自転車が倒れてきてしまうので、それなりにいいものを購入しました。とは言っても3000円もしないくらいです。

私の買ったのはミノウラのバイクハンガー4Rという商品です。ハンガー部分が折りたためるようになっており、自転車をかけてないときは上に折りたたんでおくことができます。

2×4材(ツーバイフォー材)

どっからどうみてもただの木材です。ホームセンターで600円くらいで売っています。部屋の高さ以上の長さのものを選んでちょうどいい長さにカットします。カットは購入したホームセンターでおこなってくれると思いますが、まずカットが可能かどうかを確認してから購入したほうがいいでしょう。ちなみにカットする長さは部屋の高さからアジャスター分を引いたものになります。

例えば私の部屋の場合だと、

部屋の高さ(2400mm)- アジャスター(95mm) =2305mm

この長さにカットする必要があります。アジャスターの数字についてはアジャスターの箱などに記載されていると思いますのでその数字を確認していただければ間違いないと思います。

LABRICO DIY収納パーツ 2×4アジャスター

アジャスターは柱を天地で固定させるためのものです。私が購入したもの以外にもいくつか種類がありましたが、基本的にはしっかりと固定できればどれを選んでも大丈夫だと思います。

工具

工具はプラスドライバーがあれば問題ありませんが、電動ドライバーがあれば作業はめちゃめちゃ早く終わるのでおすすめです。ただ、電動ドライバーは3000以下のものだとだいたいパワーが弱くてネジが空回りしたりするので、それなりにパワーのあるものを購入するのも選択としてはアリだと思います。5000円以上のコード有のものであればパワー的にはだいたい問題ないと思います。もちろんプラスドライバーで頑張るのも大丈夫です。留めるネジは3本ですしね。

ハンガーとアジャスターを取り付ける

ハンガーをツーバイフォー材に取り付けます。先に鉛筆などでどこに穴をあけるのかをチェックしておくと作業しやすくなりますが、電動ドライバーであれば一瞬で終わるのでそこまで気にしなくてもいいかもしれません。ハンガーを取り付ける前に自転車を持ち上げてみてどのあたりにハンガーがきたらいいのかを確認しておくといいでしょう。

私の購入したアジャスターにはネジが6本入っていますが、これはハンガーを設置する対象によって長さを使い分けるためのもので実際に必要な本数は3本となります。今回は短いほうのネジで長さは十分なのでこちらを3本使用します。

一番下のところだけヘルメットなどを引っかけておくことができるフックを取り付けておきます。金具を一緒にネジで回して固定しますがしっかりと固定されるので外れる心配はないようです。

最後にツーバイフォー材の上下にアジャスターを取り付け、天井部分で固定させます。固定はプラスチックのパーツを時計回りに回すだけでOKです。初めてこの作業をする方はたったこれだけの工程で本当に大丈夫なのかと心配になるかもしれませんが、意外にかなりしっかりと固定されるので外れたりすることはありません。

取り付けるとこんな感じです。ここでも自転車を一度持ち上げてみてどの位置に突っ張り棒を固定すればいいのかを確認しておくといいでしょう。ちなみに自転車は壁にかけてもけっこうデカいので横に突き出してきますのでそのあたりも考慮しておいたほうがいいと思います。

まとめ

ロードバイクをハンガーにかけてみるとこんな感じです。床面は自転車がなくなりすっきりしましたが、壁にかけてもその存在までなくなるわけもなく、めっちゃ前面に主張してきますんであまり近くに机とかパソコンとかおかないほうがいいと思います。そう、私のようにね・・・

自転車の壁掛けは材料費も安く、作業も簡単なのでとてもおすすめです。ロードバイクを室内保管したいけど室内に置くのも邪魔だって方はぜひ検討してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました