通勤自転車をクロスバイクからピストバイクに変えてみた

愛車について

私が通勤に使っているクロスバイクはキャノンデールのBad boy(バッドボーイ) という自転車なんですが、かれこれ10年近く乗ったこともあり、いろいろなパーツがダメになってきており、ついにこの度買い替えることにしました。

今回購入したのはFujiのピストバイク、FEATHER(フェザー)です!前々から興味はあったんですが、ついに手を出すときがやってきました。とはいえ、今回の買い替えはできるだけ予算を抑えておきたかったため、購入したピストは中古です。おそらくは2015年のモデルでしょうか。黄色がけっこういい感じですね。

せっかくクロスバイクからピストバイクに乗り換えたので、少しピストバイクの説明と通勤用として乗り心地などを紹介してみたいと思います。

ピストバイクとは

そもそもピストバイクって何?ってことなんですが、トラックレーサーとも呼ばれるトラックレースに使用される競技用の自転車のことです。見た目的にはロードバイクに似ていますが、ギアはシングルでシフトチェンジをすることはできません。全体的にとてもシンプルな構造になっていて、自分でメンテナンスも比較的簡単にすることができます。また最大の特徴としてはギアが固定されているということです。ギアが固定されているってどういう状態かと言うと、ペダルを逆回転させると逆方向に進む状態になるということです。ピストバイクではこの特徴を活かしてわざとペダルをロックしてブレーキをかけたりすることができます。2013年に規制がかかるまでは多くのピスト乗りはペダルの回転を足でロックさせ滑って止まる方法を使っていましたが今ではみんなブレーキつけています。

ちなみにピストバイクは固定ギアにしている方が多いようですが、通常の自転車のようにペダルを逆回転させると空回る状態になるフリーギアにすることもできます。やり方は非常に簡単ですが、その方法についてはまた別の記事でご紹介しますね。

クロスバイクと比べての乗り心地

さて、これまで基本通勤にはクロスバイクを使っていたわけですが、その乗り心地はかなりいいものでした。長年乗っていたためちょくちょくカスタムもしてはいたんですが、ちょっとした坂道などもギアを軽くしてスイスイと登っていけますし、タイヤも28cだったためけっこう安定性も高く転倒したりすることもありませんでした。

対してピストバイクですが、結論から言うとめちゃくちゃ乗りにくいです!私がまだピストに慣れていないというのもあるでしょうが、それでもここからクロスバイク並みに乗り心地がいいものになるのかかなり微妙な感じです。

ピストが乗りにくいと感じた点

私が購入したピストは中古なため、まだ前オーナーが使っていた仕様からほとんど何も変更していない状態ですし、まだ1週間くらいしかまともに乗れていないですがその中で感じたことを書きます。ちなみにギアはフリーギアです。

とにかく漕ぎ出しが重い

シングルスピードということはシフトチェンジができず1つのギア比だけしかない状態です。初期状態でこのピストだとギア比:2.87なので漕ぎ出してしまえばなかなかスピードが出て快適なんですが漕ぎ出しがけっこう重いです。クロスバイクの場合は信号に捕まりそうになると停止する前にギアを落として軽くしておいて、漕ぎ出しがスムーズになるようにできるんですが、ピストだと漕ぎ出しは毎回重たいのがけっこうしんどいです。

坂がしんどい

さっきと同じですが、シングルスピードの場合ギアを軽くするということができないため上り坂がクロスバイクよりも断然しんどいです。ちなみに現在はフリーギアですが、固定ギアにした場合、下り坂もペダルがぐるぐると回ることになるのも想像したらちょっと怖いですね。

前傾姿勢すぎる

ピストバイクはもともと競技用の自転車なためクロスバイクよりもハンドル位置が低く前傾姿勢になってしまう印象です。前傾姿勢になるためスピードにのっているときは安定するですが、通勤でそんなに高速で走行するシーンもないのでただただ姿勢がツライです。あと、これは購入した自転車によると思うんですが、初期装備のハンドルが競技用のドロップハンドルで持ちにくいのも合わせてツラさを感じました。ロードバイクのようにブラケットもないですしね。。

通勤するならピスト?クロスバイク?

個人的な意見ですが、今からどちらかで迷っているのであればクロスバイクをおすすめします。特に初めてスポーツタイプの自転車を購入するって人はクロスバイクのほうが断然乗りやすいかと思いますし安全性も高いです。

特に女性の場合はシングルスピードの自転車だと毎回足に負荷をかけてペダルを回すことになるので太ももとか太くなる可能性があるので注意が必要ですね。

それでも伝えたいピストの魅力

けっこうボロクソに書いてしまいましたが、今回は通勤という用途で比較したための意見というのもけっこうあります。もちろんピストにはピストの楽しさがたくさんあります。

ピストバイクはとてもシンプルなデザインでそれだけでもかっこいいんですが、自分で比較的簡単にカスタムをすることができます。かなりカラフルなパーツも多いため自分の好きな配色にすることも容易です。

こちらについてもまた別記事で紹介しますが、私もハンドルが気に食わなかったのでとりあえずブルホーンハンドルに変えてみましたが5分くらいで交換できました。

漕ぎ出しこそ重たいですが、その後はけっこうスピードがでるので乗っていて楽しいですし、ギア比についても自分の乗りやすい仕様に変更することができまんで、スピードがそこまででなくてもいいようで変えてみるのも手です。

とりあえずもう手元に届いてしまっているので、通勤にはこのピストバイクを使うしかないわけなんで、いろいろと触ってみてピストの楽しさをどんどん見つけていきたいと考えています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました