ロードバイクのカラーコーディネイトについてweb屋が考える

ロードバイクを買ったときにやってみたかったこと、それはカラーコーディネイト!ロードバイクっていろんなパーツがあって色もけっこうたくさんあるんで、色の組み合わせでめちゃくちゃおしゃれになるんですよね。カラーコーディネイトにセンスがあるロードバイクを見かけると、おっ!ってなります。

ただ、実際にロードバイクのカラーコーディネイトを考えていくとけっこう難しいことに気が付きます。思いつきでおしゃれな配色にしてしまう人も中にはいるんですが、だいたいの人はどうしたらいいのかよくわかないことでしょう。

そこで今回は本業がweb屋の私が配色の考え方について簡単に紹介していきたいと思います。

配色を考えるには色相環を使うと便利

色には相性があるのでその相性や考え方を知っておけば、間違った組み合わせになることはなくなります。

色には色相、彩度、明度という基本となる色の三原則があるんですが、ロードバイクのカラーコーディネイトでは彩度や明度まであまり考える必要はないと思いますので、色相を中心に説明したいと思います、

色相は色の種類のことです。色相は24色相あるんが、12色相でも十分です。その12色相をリング状にならべると下のようになります。これを色相環と呼びます。

イラスト色相環

まずはこの色相環の中でメインの色を決めます。私場合だとロードバイクのフレームに使われている色が黒、白、青だったので青を中心に考えていきます。

同系色

doukeisyoku

メインカラーの両隣の色のことを同系色と言います。例えば青色がメインカラーだった場合、その左右にある色である青紫と緑がかった青がそれに当たります。色が調和するのでまとまりのある配色になりやすくなります。

ロードバイクの配色に応用すると、フレームに使われてる使われているのが黄緑だったりした場合にパーツの色を黄色か緑で統一する感じですね。

補色

doukeisyoku

補色はメインの色と反対側にある色です。正反対にある色なのでアクセントを付けるときに非常に有効です。ロードバイクでこの補色を考えてみると、全体的には青だけどバーテープだけオレンジとかそんな感じでしょうか。

補色はあくまでもアクセントにつけるくらいがちょうどよくて、配色の半分が補色になるとけっこうチカチカとしたキツめの配色になってしまうので少し注意が必要です。

トーン

トーンとは同色内での色の調子のことです。例えば赤色でも明るい赤色、暗い赤色、ビビット調の赤色、パステル調の赤色など、同じ赤色でも違いがあります。

本格的に配色のことを考えていくとトーンまで考慮する必要があるんですが、ロードバイクのカラーコーディネイトの場合はそこまでトーン別でパーツがあるとは思えないので、ここでのトーンの考え方としては、同系色や補色を決めるときにはトーンも考慮しておきましょうってくらいでいいと思います。

白と黒に合う色

白と黒は色相環に入っていませんが、この2つと間の色となる灰色は基本的にどの色とも合う色です。ですので完全にフレームが白とか黒の場合はかなり合わせれる色が多くなりますね。ただ、どんな色も黒に合わせるとちょっと重たいしっかりした配色になりがちですし、白に合わせるとすっきりした明るいイメージにはなってしまいますので、逆にカラーコーディネイトとしては難しい部分もあるかもしれないですね。

ロードバイクの配色の難点

これはwebデザインでだけの考え方なのかもしれないんですが、基本的に配色は少ない色でまとめたほうが綺麗にまとまります。

ベース色があって、メインカラーがあって、そのメインカラーに対して補色でアクセントを加えるのか、同系色でまとめていくのかって感じでだいたい3~4色でまとめるきれいです。

でもロードバイクってフレームですでにけっこう色が入っている場合が多いですよね。私の乗っている、OPUS Allegro3.0だとベースが黒でメインに青が入っていて、あと白もロゴとかに使っているので3色で考えるともうすでに3色になってしまいます。

なので基本的にはパーツごとにいろいろな色を入れるというよりは、全部同じ青で統一しておいてどこか一色だけ補色を使うか、同系色でパーツ全部まとめるかってコーディネイトになっていくはずです。たぶん。。

IMG_0757

本当はタイヤをオレンジとかにしてみようかと思ったんですが、結局青でまとめていくことしました。無難!すげー無難!

ちなみに補色のオレンジをタイヤにだけ使うとこんな感じになります。

orenge

フォトショでだいぶ適当に作ったんで拡大したらアラがすごいんですが、雰囲気だけ見てください。う~ん、これはこれでアリですね。次の機会に試してみたいと思います。

読んでいただいてありがとうございます!
ポチッとしていただければ励みになります。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)