カサイチ!初心者向けの峠もある田舎道をのんびりライド

サイクリングコース

お久しぶりです。ゲンです。前回ブログを更新してから早半年。最後に行ったロングライドからは約1年も経ってしまいました。思い起こせばこの1年はいろいろなことがありました。ダイエットしてみたり、筋トレしてみたり、イカゲーム見たり、あとはまあ特になにもありませんでした。

さて!そんなわけでコロナもだいぶ落ち着いてきたということで満を持して久っしぶりにサイクリングに行ってきました!

今回のコースは兵庫県の加西をぐるっと1周する通称『カサイチ』です!

実は私たちが走ったちょうど1週間前に、カサイチfanライドというイベントライドがありまして、当初はこれに参加しようかと思っていたんですが、早起きが嫌というサイクリストにあるまじき理由により翌週に同じようなコースを走ることになりました。しかもイベントライドの距離100kmを65kmくらいに大幅短縮したコースです。もはや完走できない理由はありません!

出発地点は北条町駅から

今回も相方はM氏。出発地点の兵庫県加西市の北条町駅までは輪行でやってきました。天候は曇り。午前中ということもあってか若干肌寒さを感じます。最高気温は19℃ということだったので夏装備で油断しました。念のため持ってきていたウインドブレーカーをいきなり着て出発します。

出発して3分、いきなり観光名所っぽい寺を発見。門構えからして歴史を感じまくります。お寺の名前は酒見寺(さがみじ)というらしく、何度か焼失しておりそのたびに再建して現存しているお堂や塔、門は1600年代に建て直したものらしい。木の質感からめちゃめちゃ歴史を感じる。

たまに神社仏閣で見かけるさざれ石。ここの境内にもありました。君が代の歌詞に出てくるやつですね。

加西三坂に突入。斜度も距離もそこそこの初心者向け峠

酒見寺を出て進むとすぐに峠に差し掛かります。カサイチでは遠坂峠・船坂峠・釜坂峠という坂が北部にあります。3つもヒルクライムするのかよ。。とうんざりしてしまいそうですが、斜度はともかくとして距離はどれもかなり短めなので初心者の方でもおそらく足をつかずに登りきることができそうなレベルでした。

ちなみにどの峠も交通量が少なくかなり走りやすかったです。ですが、油断してるとたまに爆走してくる走り屋が対面から姿を現したりしますので音には注意を払っておいたほうがいいかも。

峠、田舎道、峠、田舎道を繰り返し走っていきます。マジで車や自転車どころか人にすら遭遇しない。ていうか、コンビニはおろか自販機すら姿を現さないガチ田舎道。走りやすいけど休憩するところもないので真夏だったら死んでたかも。

ルートを少し外れて普光寺に


途中ランチを食べるために決めていたルートを少し外れ、その先にある普光寺というお寺に立ち寄りました。なんかあれかな、ここは観光地とかではない感じなのか?ってくらい誰もおらず周りをちょろちょろしてすぐに退散。めっちゃ犬が鳴いてた。

ここを逃したら次に飲食店に出会えるかわからない!ということで喫茶店でランチすることに。喫茶店で定食食うとか久しぶりすぎる。味噌汁がコーヒーカップに入ってるのがいいね。

もともとは「えぇもん王国」ってところでランチバイキングしたかったんだったんですが、その店がなんと出発地点のすぐ近くだったんですよねー。出発地点変更したらよかったなー。

田舎道、田舎道、田舎道

ひたすら田舎道を走ります。田舎道はけっこう毎回走るんですが、今回のカサイチのコースは車が走らない小道みたいなところをひたすら走るためマジで全然車にも人にも遭遇しません。

峠も和歌山のときみたいな鹿がいきなり出てくるような感じではなく舗装もちゃんとされてて走りやすかったし、ロングライドコースとしてはかなりいいかも。

まだちょっと早いかなーと思ってたんですが、紅葉してるところもちらほらあって超気持ちいい。距離的にも65kmくらいだったので峠あったとは言え、ほぼノーダメで走り切ることができました。

ゴールはスタート地点と同じ北条町駅。駅に売ってるドーナツが安すぎてびっくりした。ゴールのご褒美に箱ごと買ってきました。

今回からサイクリングコースに「bike map」というアプリを使ったんですが、これめちゃくちゃ便利で驚いた。サイクリングコースを表示させたままGPSで自分の位置情報もわかるんで、道に間違えることがまずありませんでした。今回のように小道に入ったりとかもかなり正確にルートに表示されるのでまず迷わない。いつの間にこんなものが・・・もうみんな使ってるんだろうけど、改めてこのアプリ紹介記事でも書こうかと思います。

コメント

  1. いさりん より:

    ゲン様
    カサイチお疲れ様でした。
    M氏とのライド、楽しそうですね!
    少しずつですが、コロナの影響も少なくなってきているので、ロードバイクを楽しんで下さい。

タイトルとURLをコピーしました