初心者は悶絶必至の六甲山(逆瀬川ルート)ヒルクライム

私はよく武庫川をひたすら往復するというすごい地味なトレーニングをしているんですが、本日、あまりにも久しぶりに外に走りに出れたので、テンションが上がって調子に乗ってしまいまして武庫川から逆瀬川に入ってしまい、そのまま六甲山を登り出してしまいました。

六甲山ヒルクライムは以前にもやったことがあるんですが、そのときは足は攣るは、コケるはで、もう本当に散々な結果でして、これはもう次に登るときはしっかりと体も絞ってリベンジしたる!と意気込んでいたんです。いたはずなんです・・・それなのにその時と大して体重も変わっていない、むしろ腹出てんじゃないの?って思ってるぐらいのコンディションで登り始めてしまうとは、本当に人間って学習しない生き物なんですね・・・

さて、今回、六甲山へは逆瀬川ルートから入っていったわけなんですが、もう山に入る前からすでに坂です。勾配こそそこまできつくはないですが、ここからずっと坂が続いていくと思うとぞっとします。登っている間思ってたんですが、こんな坂ばっかりのところいったい宝塚の人たちはどうやって生活してるんでしょうか・・・ママチャリとかはあまり見かけなかったのでみんな基本徒歩なんでしょうか。いや、徒歩でもきついけど。

逆瀬川を上がっていくとゴルフ場が見え始めます。ここからしばらくはこのゴルフ場の道に沿ってひたすら登っていくことになるんですが、このあたりからけっこう坂もきつくなります。まだ序盤すぎる場所にもかかわらず、すでにまあまあしんどいんですがまだ山じゃないんですよね。ていうか住宅街なんですよね、ここ。普通にお年寄りとか住んでるっぽいんですがいったいどういう足腰してるのか本当に謎です・・・

全然写真撮る余裕ない状態でえっちらおっちら登っていってたんですが、エゲツない角度のヘアピンの手前で低速で走りすぎていたことが原因でふらついてコケたんで、そのまま休憩がてら撮影しました。

休憩している間にも、たくさんのヒルクライマーたちが20キロ前後のスピードでぐんぐん登っていっては、ありえない場所で休憩してる私に、「大丈夫ですか?」とか「パンクですか?」とか声をかけてくださるんですが、すいません、低速運転でバランス崩してビンディングも外れなくてそのまま立ちごけみたいな感じで倒れたので特になんともありません!という思いを込めて、「大丈夫っす!」と微笑んでおきました。

ていうかですね、六甲山ってガードレールがないところ多いんですよね。こんなところで車は事故らへんやろ?ってことでガードレールないんだと思うんですが、あたしゃあ、落ちる自信ありますぜ?マジで整備してほしい。

さらに登っていくと亜有ドライブウェイが見えてきます。ここまできたら頂上まではもう少しです!もう少しなのでここで止まっているサイクリストはほとんどいません。ですが、もちろん私は止まります!なぜなら疲れたから!ほらほら、4月も半ば過ぎなのに桜が満開ですよ?ここは桜を愛でながらコーラでも飲んでおくのが粋ってなもんです。

ラストスパート前で休憩をガッツリとったことで頂上までは余裕を持っていけました!つーか、登山客多っ!どっから出てきたの?この人たちは。頂上付近で急に出てきたんですけど・・・六甲山を歩いて登った記憶がないのでわからないんですが、歩きと車両は別のルートなんでしょうね、きっと。いっそのこと自転車と車もルート分けてくれたらいいのに・・・

さて、あとは降るだけなんですが、六甲山のダウンヒルがまたこれ怖いんですよね!けっこう路面荒れてるところも多いし、なんといってもやたらとある減速帯が怖すぎる!減速帯って自転車が跳ねるんですよ!しっかりとバランスとってないとコケそうになります。六甲山・・・なにもかも初心者サイクリストに優しくないところです・・・

今回も散々な結果でしたが、でもまた今日のしんどさを忘れた頃にリベンジに来たいと思います!ずっとリベンジばっかりしてそうやけどね・・・

距離:約28.3km(片道)
平均斜度:上り:7.4%、下り:1.2%
所要時間:約3時間くらい

読んでいただいてありがとうございます!
ポチッとしていただければ励みになります。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)