ロードバイク初心者でも参加できるサイクリングイベントとその種類

ロードバイクに乗り始めた頃は乗っているだけで楽しいものですが、いつも同じようなコースを走っていたりするとそのうちなんかマンネリになってきてしまいます。そんなマンネリを解消したいのであれば、いろんな地域で開催しているレースなどのサイクリングイベントに参加してみるのもいいかもしれません。

レースって聞くとなんか敷居が高く感じますが、サイクリングイベントには本格的なレース以外にも、初心者でも楽しめるようないろいろなタイプのものがたくさんあります。

私もだいぶロードバイクに慣れてきましたし、毎回同じようなところを走っていてマンネリ気味なんで、初心者でも参加できるイベントがあれば参加してみたいな~と思うんですが、サイクリングイベントってけっこう種類が豊富でして、ぶっちゃけよくわからない!そこで今回は近い将来の自分のためにサイクリングイベントの種類をまとめてみました!

サイクリングイベントの種類

サイクリング系

サイクリング系っていう明確なカテゴリー分けがあるわけではないんですが、競争感が薄くて初心者でも参加しやすいのはこのカテゴリーです。

めっちゃ緩い感じのイベントのものもあれば、考えたやつ頭おかしいんじゃないのかと疑うような耐久レースみたいなものもありますが、すごいスピードで他のサイクリストとデッドヒートを繰り広げるってことはないので、どれもある程度は自分のペースで楽しめるはずです。

ポタリング

だいたい50km以内くらいの距離のものが多いので、初心者でもかなり気軽に参加できます。地域活性化とかの要素もたぶんあるので、観光名所と絡めたものも多く、半分観光気分で楽しめるようになっています。あと、その地域の名物とかが補給食として出てきたりするので楽しそうです。

ポタリングをメインにしているイベントもありますが、だいたいは距離でエントリーを分けていて、長距離のものはロングライドに分類される感じになります。

ロングライド

どの距離からがロングライドにカテゴライズされるのかはそのイベントによって違いますが、50km以上でポタリングじゃない距離になったものがロングライドってことになっているイベントが多いような気がします。

全体的には100km以上の距離を走るものが多く、○○1周ライドみたいなイベントが目につきます。ビワイチやアワイチなんかをする人気のイベントも多いため、初心者から上級者まで多くのサイクリストが参加します。

ロードバイクに慣れてきたサイクリストであれば、ポタリングよりもこちらのほうがある程度大変な思いもするので満足度は高いかもしれないですね。

ブルベ

ブルベ(Brevet)は、タイムや順位にはかかわらず、制限時間内での完走を認定するロングライドのサイクリングイベントのことです。

ロングライドのイベントよりも長距離のものが多くて、少ないものでも200km、すごいのだと500kmとか600kmとかあります。そのぶん制限時間も余裕を持って設定してあるんですが、初心者はまず体のほうが悲鳴をあげることになると思うので、けっこうつらい思い出になってしまうかもしれません・・・

ろんぐらいだぁすでもこのブルベに参加してたので、興味を持っているサイクリストも多いかもしれませんが、500km以上を仮眠とりながら走るってマジでドM過ぎですよね。参加するにしても200kmとか300kmくらいにしておくほうが初心者サイクリストとしては無難かもしれないです。

レース系

レース系はもう映画とか漫画とかでよく見るやつですよね。先頭のほうでは壮絶な戦いが繰り広げられているんでしょうが、もちろんそんな熾烈な戦いに身をおきたくない初心者レベルでも参加はすることはできます。

ロードレース

ツール・ド・〇〇みたいな名前がついてることも多いロードレースですが、もちろんガチ勢ばかりではありませんで初心者でも参加は自由です。参加しているサイクリストは一応みんな順位を気にしているので、たとえ下位を走っていたとしてもそこではそこでの熾烈な戦いが行われるはずです!(たぶん)

参加するレースにもよると思いますが、けっこう参加しているサイクリストたちの巡航スピードが速いので、いつもひとりで25km/hとかでダラダラとサイクリングロードを走ってたりしてるだけの人はちょっとびっくりしてしまうかもしれません。(ま、私ですが)

順位に関係なくレースって楽しいので、なんとなく参加したレースでもめっちゃ楽しかったと思う人が多いみたいですね。

ヒルクライム

ヒルクライムはご存じのとおりめちゃめちゃしんどいんですが、他のレースのようにアホみたいな距離を走ったり、他のサイクリストと集団になって走行したりすることが少なく、自分のペースでひたすら走ることができるので、逆に初心者が最初に参加するサイクリングイベントに向いているかもしれません。

あと、ヒルクライムは登り切ったあとにすごい充実感・達成感がおとずれるんですが、これがレースともなるとその感覚はさらに高まるようなので、短い時間で達成感が欲しいって人にはおすすめです。

エンデューロ

エンデューロレースとは、決められた時間内にコースを何周できるかを競う自転車耐久レースのことです。速く走ろうが遅く走ろうが指定された時間は走り続けなければならないという、これまたドMな内容のレースです。

時間もレースによって様々ですが、2時間だったら2時間、6時間だったら6時間、ひたすら走り続けるので、ある意味他のレースよりもキツイです!というかゴールがないってのが精神的にしんどいですよね!

ただ、コースにサーキットを使っているところも多いのですが、信号とかまったくないサーキットをロードバイク思いっきり走れるっていうのは、たぶんめちゃめちゃ気持ちいいはずです!初心者でも走りやすいようにいろいろと企画しているイベントも多いので、最初に参加するイベントとしては最適かもしれません。

クリテリウム

クリテリウムは、他の交通を遮断して街中に作られた、1周1km前後の短いコースを何度も周回するレースです。

初心者のためにビギナークラスを設けているイベントも多いようですので、やっぱり競争っぽいレースがしたいって人はこのクリテリウムにエントリーしてみるのもいいかもしれません。

ただ、ビギナークラスでも駆け引きや集団走行などをやらなかればならない場面が出てくるのでそういったことにまったく慣れていない初心者サイクリストは他のレースに参加しておいたはほうが無難かもしれないですね。

まとめ

自転車はいろんなイベントが多いですが、どれも初心者はちゃんと受け入れてくれるようになっていますので、参加したけどエライことになった!ってことはあまりないと思います。

最初にどんなイベントに参加するかで、次にまたイベントに参加したいと思うかどうかが決まったりしますので、最初は自分が楽しめるかどうかをポイントに参加するイベントを選んでみてはいかがでしょうか。

ちなみに私はロングライド系に参加してみたいですね!

読んでいただいてありがとうございます!
ポチッとしていただければ励みになります。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)